家電

おしゃれ家電 ラッセルホブスのトースター

投稿日:2017年4月10日 更新日:

外はカリット、中はしっとりフワフワ絶妙な焼き加減

イギリス製ラッセルホブスのトースター

現代では食パンを焼くのも電子レンジのオーブンで焼くことも普通になりました。昔は食パンを焼くのに専用のトースターが当たり前のように家庭に1台ありました。オーブンで焼く食パンもおいしいけど焼きムラや機種によっては裏返しにしたりと面倒なこともあります。やっぱり食パンを美味しく焼くにはトースターがいいかなって、機能が特化された家電が見直されてるようです。
最近テレビで紹介されてたラッセルホブスというイギリスのメーカー。私もはじめて聞きましたが、家電のデザインがどれもおしゃれで見るからに英国らしいデザインになっています。
たかがトースターですが、一瞬にして釘付けになりました。ダイヤル式で焼き加減を調整。その焼き加減のダイヤルが青色LEDで発光されて、これが心にぐっときます。冷凍パンを美味しく焼く機能や冷めたパンを再び温める機能もついています。焼き加減は外はカリット、中はしっとりフワフワとして絶妙な焼き加減でした。
トースターにしては1万円以上する価格は高価だが、パンを美味しく食べるための贅沢なら、長く使うことも考えるとそんなにお高い買い物でもないのではと思えてきます。食パンそのものも美味しい食パンは少し高価です。その食パンを美味しく焼くためならトースターも少し贅沢してもいいのでは。ちなみに焼いた後のパンくずも引き出し式のトレーで簡単に片付けられます。昔のトースターは底面をがばって開けてパンくずを捨てたけど、高級家電になると違いますね。
ラッセルホブスのトースター、もしよければ覚えてて下さい。

-家電

Copyright© JUNPAPA WORLD , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.