ホビー

スーパーミニプラ 百獣王ゴライオン 青獅子を作る

投稿日:2018年9月2日 更新日:

大好きなブルーライオン

いよいよ一押しブルーライオンを作ります。何が好きかと言われたら色なのかもしれません。青と黄と白の配色が本能的に好きなんだと思います。モータースポーツのF1でセヤやマンセルが活躍してた時代、ウイリアムズルノーというチームがありました。ロスマンズカラーで青と白と金のロゴマークでやっぱり好きでした。この詳しい話はまた後程プラモデルで紹介します。とにかくカラーリングが好きなんです。制作時間は今回は1時間ぐらいかかりました。特に好きなので念入りに作ったのもあります。完成が近づいたときには凄く楽しみにしてたのですが、いざ完成してみると期待ほどの感動が薄かった。やっぱり完全変形ではない手足を外して頭部を交換する作業が感動の薄い理由だと思う。完成したブルーライオンがこちらです。

凄く良い出来なのんですが、この付属のパーツを見たらチョット残念な気持ちになります。まさかのブルーライオンまで頭部交換なの?と思いまして。交換パーツにするぐらいなら大きい頭でもいいと思いました。デラックス版でも実際そうだからそこまで頭部サイズにこだわる必要はないと思う。スムーズに変形できない残念さが残りました。変形させるとこんな感じになります。

手足の丸いカバーはロボットの状態ではスッキリ見えていいと思うけど、これからまたライオン状態にもどすのは凄く面倒です。実際にカバー外しにくいです。精密ドライバーのマイナスドライバーが必要です。次回はいよいよイエローライオンを作ります。合体までまもなくです。

-ホビー
-,

Copyright© JUNPAPA WORLD , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.