工作

ダンボールで鎧をつくる

投稿日:

ダンボール鎧の制作開始

5月5日の施設行事の為、ダンボールで鎧を作りました。その制作過程を含めてご紹介します。
まず、鎧をどうやって作ろうかと考えネットで検索しました。するとダンボール鎧というものが売っていることをしりました。ダンボールで鎧が出来ることをしり、早速 制作に取り掛かります。
鎧の写真を参考に胴・肩・腰のパーツを作ります。肩は左右5枚ずつ、腰は3列5枚ずつ作ります。下地はこんな感じです。これをアクリル絵の具で塗っていきます。

塗装して紐でつなぐ

塗装はアクリル絵の具で黒とシルバーを混ぜてガンメタリック風の色合いをだします。塗装が乾いたらダンボールの縁の処理を行います。色が黒なので黒色のビニールテープをぐるっと一周貼り付けます。
紐を通す穴をあけたらハトメで穴の崩れを防ぐと共に見た目もグッと鎧っぽくなります。ハトメはダンボールに厚みがあるためグルーガンで固定します。普通にハトメ止めするとダンボールがつぶれるのでグルーガンにしました。
下準備ができたらあとは紐でつないでいくだけです。配色的に今回は赤を使用しました。

  制作中に構造変更

当初、鎧は前後で同じようなものをパーツを使用する予定でした。これなら肩パーツを前後の鎧を紐で繋ぐだけで安定します。
しかしよく考えると施設には車椅子の方が多く、背面をつけると体重をかけた際につぶれてしまいます。とりあえず試しに前面と紐だけで肩のパーツをつけてみると想像通りにダラ~ンとした感じになり見栄えがよくありません。
さて、どうするか?そこで肩の部分に掛けるパーツを新たに作りました。これに肩のパーツを固定することにしました。実際に作ってみるとこれが便利!背面がないので装着がとても簡単になりました。ただダンボールで肩の形状にするのがちょっと大変でした。
あともう一点、制作中の変更で胴が当初より完成品は長かったため一度切断して紐で固定してサイズ調整を行いました。
これで鎧は完成です。次は兜を作ります。

-工作

Copyright© JUNPAPA WORLD , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.